映画『ドラゴンタトゥーの女』が大好きっていう話

皆さんこんにちは!こんたろーです。

 

「今日はいける!」と意気込んで買ってみても、結局コーラ500mlは多いです。

 

さて本日は、映画ドラゴンタトゥーの女の魅力をザックリご紹介したいと思います。

 

何故突然映画紹介かと言いますと。。

実は僕、結構いろんな映画を借りては家で観賞しており、ほんの少〜しだけ映画通なのです!

と言っても最近はなかなか借りれていないですが、、

ふと思いつき、無性に紹介したくなりました。

 

 

ドラゴンタトゥーの女とは?

2011年にアメリカで公開され、日本では2012年に公開されています。

分類は「ミステリー」になります。

主演はルーニー・マーラダニエル・クレイグの2人です。

 

どんなお話かと言いますと、記者であるミカエル(演:ダニエル・クレイグ)がとある大物実業家の武器密売をスクープします。

が、名誉毀損で訴えられてしまいます。

そこへ別の人物から「とある一族の謎を解明してほしい」と電話が入ります。「そうすれば、この裁判を逆転させる証拠をお渡ししよう」と。

依頼を引き受けたミカエルは、天才ハッカーであるリスベット(演:ルーニー・マーラ)と共に事件を解決していきます。

 

 

…とまぁ、話の流れとしてはよくありがちな持っていき方なんですが、この中身!内容がまぁ面白いんです!

そしてなによりルーニー・マーラが可愛い!!

いろんな映画を観て、いろんな女優さんを観てきましたが、未だにリスベットを演じるルーニーに勝る方には出会いません。

 

ダニエル・クレイグに関しては、「007」のジェームズ・ボンドなどで超メジャーだと思いますので今回は触れません。(笑)

 

 

リスベットの魅力

リスベットは、見た目の通りかなりクセのある人物で、最初はミカエルにあまり友好的ではありません。

「クセが強い〜!」

しかし物語が進むにつれ、2人は惹かれていきます。

ミステリーの中にもそんな要素が入っていてダブルでドキドキです。デュアルドキドキです。

 

いやぁ、いいんです。リスベット。

こんなダークな感じで、ツンツンしていてかっこ可愛い女性。ほんと好きです。分かる男性の方いないでしょうか?

 

そして僕の一番好きなシーンが、物語の終盤。

真実に辿り着いたミカエルでしたが、犯人に捕らえられてしまいます。

そこへリスベット登場!

車で逃走する犯人。部屋にはリスベットとまともに動けないミカエル。そこでリスベットのこのセリフ「May I kill him?(殺していい?)」

ここ!!!!!!((突然のゴー☆ジャス

分かりますか!

あのリスベットが、まるで子猫のように、主人の言う事に忠実に従うペットのように、そう問うのです。

ここには、「私が当然と思う事をしたら、貴方は私の事を嫌いますか?」という意味が含まれてるとか。

なんかもういろいろ引っくるめて

萌え ですよね。

 

その後のカーチェイス(バイクですが)も迫力満点で最高です。

 

やはりミステリーということでネタバレはしたくないのでこの辺で!

 

この作品で大好きになりましたルーニー

調べると、なんと映画ソーシャルネットワークにも出ていたとか。

ドラゴンタトゥーの女より先に観ていましたが、ついついもう一度借りて観てしまいました。((

「はっ!この娘か!たしかに可愛い。」

というか、一度観ただけでは魅力がそこまで伝わりませんでしたが、ソーシャルネットワークも名作ですねぇ。なんか2度目は凄く面白かったです。

 

と、少し脱線しましたが、映画「ドラゴンタトゥーの女のご紹介でした!

こんな感じでダークでかっこいい女性が出てくる作品、オススメありましたら教えて下さい!

 

気になってくれた方、是非一度観てみて下さいな!

それではまた次の記事でお会いしましょう!バイバイ!!