FF13の名言で打線組んだwwwww

皆さんこんにちは!こんたろーです。

 

人はどんなタイトルに惹かれるんですかね。やっぱり2ちゃんって有能だなと。

 

さて今回は、これやってみたかってん企画でございます!((なぜ今更!?!?

 

今回はFFの名言ではなくFF13の名言のみです。渋いです。それではご覧ください。

 

1(中):「前だけ見てろ 背中は守る」(ライトニング)

2(二):「今更一人は、絶対無理だ」(スノウ)

3(三):「引かないよ!…バカだもん」(ヴァニラ)

4(一):「できるできないの問題じゃない。やるしかなければ、やるだけだ」(ライトニング)

5(遊):「死にゃあ許されるとでも思ってんのかぁ!」(サッズ)

6(左):「この線越えちゃ、ダメ〜」(ヴァニラ)

7(右):「誰が義姉さんだ」(ライトニング)

8(捕):「あんたが生きて戦うために、誰かの希望を壊したら?死なせたら あんたの責任は?その人たちにどうやって償うの?」(ホープ

9(投):「生きてくれ」(ライトニング)

 

 

異論は認める。

みたいな。

 

 

以下、それぞれの説明です。

1.「前だけ見てろ 背中は守る」

それまで雑魚で使い物にならなかったホープ。ですが、ライトニングとの共闘で少しずつ強くなってきて、ついにアシスト→前衛を志願するんですね。

その時のホープに向けて言ったライトニングの台詞です!

いやぁ本当にカッコいい!ライトニングだからこそカッコいい!こんなに強い人に言われたら、そりゃ安心して目の前の敵と戦えますよね!

 

2.「今更一人は、絶対無理だ」

自分がルシになってしまったセラは、迷惑をかけたくないと、スノウに別れを切り出します。その時のスノウの台詞です。

「離れ離れも悪くない。会うまでずっとそうだったから。でも会っちまった。一人でいるより一緒の方が幸せだ。今更一人は、絶対無理だ」

くぅ〜!いいですねぇ。。でもセラの気持ちを知っていると切ない。しかし、ルシであることを告白した後のスノウの返しもいいんです。くぅ〜!

 

3.「引かないよ!…バカだもん」

この台詞大好きです。

映像もかなり好きでしたね。というかヴァニラ可愛いですね、はい。

こちら、サッズ&ヴァニラでの行動中。雨宿り中の台詞ですね。サッズが下界を憎み、ルシのことをバカと呼びます。

サッズ「考えてみりゃパージが始まったのは ドッジが下界のファルシを見つけちまったせいかもな」

ヴァニラ「違うよ。悪いのは全部…」

サッズ「そうだな。下界から来たバカどもだ」

ここで耐えきれず、バッ!と外に飛び出して空を見上げるヴァニラ。ここ実は涙を雨で隠してるんですよね。

そしてサッズ「風邪引くぜ?」

ヴァニラ「引かないよ!…バカだもん」

ほんっとーーーに、何とも切ない。そしてお上手です。

切な過ぎる最高の名言でございます。

時折挟まれるヴァニラのナレーション。なんかスクライドのあの子みたいですよね。名前忘れましたけどね。

 

4.「できるできないの問題じゃない。やるしかなければ、やるだけだ」

これ、ヘタレのホープにライトニングが放った台詞なんですが 日常生活でも使えませんか?

できるできないんじゃないんですよね。本当に。私も若者ですが、今の若者ってすぐ折れると言いますか、「出来ません」って言うでしょう?

いや、じゃなくて!「やるしかないの!!」と言いたくなります。

イギリスのパンクロックバンド、ザ・クラッシュのメンバーであるジョー・ストラマーの言葉にもあります。「やるしかないのに、そんな簡単なことの分からない人間が多すぎる」と。

本当にそう思います。何を迷ってんだ。やるしかねェんだよ!((今日はえらくパンクね

 

5.「死にゃあ許されるとでも思ってんのかぁ!」

出ました!サッズ・カッツロイ最強の名言

ノーチラスにて。ついにヴァニラの秘密が明かされ、お互いが強く苦しみ悩みます。

ヴァニラに銃を向けるサッズ。

ヴァニラ「討ってよ。仇を」

サッズ「ふざけんな!死んで終わりにしようってか!死にゃあ許されるとでも思ってんのかぁ!」

カッコいい。そして泣ける。

サッズがこんな可憐な少女を、撃てる訳ないんです。

この後のヴァニラの、死んでも生きてもダメなら私はどうすれば…みたいな台詞も印象的。

たしかに自分がヴァニラの立場だと考えたら…!

ヴァニラは本当に強くていい子です。((誰ですか

 

6.「この線越えちゃ、ダメ〜」

またまたサッズ&ヴァニラでの行動中の、ヴァニラの台詞です。((このペア好き過ぎんか

野宿をする事になり、ヴァニラが木の棒で地面に線を描いて言う台詞ですね!

この後のサッズの「ドアホ!」が良かった!そして何より、夜中、結局自分で線を越え、サッズの背中に寄り添って眠りながら泣くヴァニラ。

サッズはそれに気付きながらも、黙って背中を貸す。

素敵だよ〜!素敵過ぎるよチクショ〜。

 

7.「誰が義姉さんだ」

この台詞、作品を通して何回も言われるライトニングの台詞。

もちろん、妹のセラの彼氏、スノウに向けてです。

この台詞の良いところは、序盤は「本当に認めない」というような鋭い言い方でしたが物語が進むにつれ、柔らかい言い方の「誰が義姉さんだ」に変わっていく所です!

ライトニングがスノウを徐々に認めていく、という感じがして大好きな台詞です!

 

8.「あんたが生きて戦うために、誰かの希望を壊したら?死なせたら あんたの責任は?その人たちにどうやって償うの?」

このシーン、個人的にはトップくらいの勢いで鳥肌立ちました!

ホープが、自らの母が死ぬきっかけを作ったスノウに復讐心を燃やすトコですね!

ホープがスノウの痛いところをバンバン突いていく。

そしてスノウ「じゃあ責任とって死ねばいいのか!?」

ホープ「そうしろよ! うわぁぁあ!!!」

ここで力爆発。

カッコいい!やっぱり覚醒?のシーンっていいですよね!

 

9.「生きてくれ」

ここ最高にカッコいい。

サイコムに囲まれて、まさに絶体絶命のピンチ。

ライトニング「私が突っ込む。死ぬ気で逃げろ」

ホープ「でも…」

ライトニング「生きてくれ」

この後のホープの顔!! 鳥肌鳥肌鳥肌ァ!!

ここからのバトルの映像、そして戦闘への入り。全て最高でした。ご馳走様でした。

 

 

 

いやぁ〜。名言多いですね!流石FFです。

皆様好きな台詞はありましたか?

それはさておき、FF13って、プレステ4では出来ないんですかね〜。

すごくプレイしたいのに、今、ウチにはプレステ4しかありません。。残念。。

 

とりあえず、ライトニングが大好きっていう話でした!!

それでは皆様、また次回の記事でお会いしましょう!「サヨナラは言わねぇぜ!」((最後にファング姐さん